nightsidecity’s diary

好きなお菓子、お笑い、ホラーについて語るブログ。

「小杉武久 音楽のピクニック」と「90年代の神戸の音の実験」

昨日、芦屋市立美術館で行われている小杉武久さんの展覧会に行ってきた。小杉武久は作曲家/演奏家として活動してきたミュージシャンで、即興演奏集団「タージマハル楽団」やニューヨークの芸術集団「フルクサス」とも関わりつつ、音を追求してきた人だ。

①会場ではタージマハル楽団から舞踏集団「マース・カニングハム」との現在に至るまでの軌跡をたどった資料が数多く展示してある。そこには当時の異端ぶりであったり、ジョン・ケージなどのアメリカ現代音楽、ソニックユースボアダムスのEYEに至るまでのコラボ企画も展示されていた。

また音のインスターレーションも展示してあり、これが興味深かった。天井からレコーダーが吊るされ、そこで録音されている音を扇風機にさらす事で波のような音を鳴らす仕組みや、砂糖の中にスピーカーとLDを入れ虫のような音を出す仕組みなど様々な音やその空間を彩る工夫がされていた。

②この日は同時にTOAという音響機器メーカーが本社ビルをポートアイランドに建設していたXEBEC HALLの試みに関するトークイベントが行われていてそちらが目当てだった。このHALLは知らなかったのだが様々な音の情報の発信基地として設立されたらしく、会場はその関係者らしき人が多くいた。だが自分がお目当てだったのは伝説のアヴァンポップグループHACOさんの話が聞けるかもしれないという事だった。目の前に現れた小柄なその女性を見て心躍った。

13時からのトークは「アメリカ実験音楽の精神」という題名で藤枝さんという作曲家兼企画者の話だったが主にXEBECホールや司会の下田さんというXEBECの話などで本題にふれず少々、残念だった。

14:45分からのHACOさんの話は先ほどの話からXEBEホールの話になると思い、パス。

16:45分からの「アジアの音楽シリーズ」からは中川さんというインドで音楽を学んだ方との話でこれが面白かった。以下、面白かったった部分を抜粋。

・留学先のインドで、イタリア人とクラシックの話をした時に自国の音楽の事について知らない事を知った。気分は西洋人だった。

・神戸・三宮BARでホーチミンのお坊さんと会った時からインド音楽と邦楽のコラボなどを始めた。バラモンのための音楽、仏典のための音楽、同じだった。音程もある音程しか使わない。

・ライブは時間制限がなく、いきなり始まっていきなり終わる。

・映像を見たのだがインドのヴァイオリンの奏者がすさまじかった。ものすごくグルービーで雄大インド音楽はインド以外の音楽も貪欲に吸収する。

・韓国の音楽は日本と違うけど、断然かっこいい。日本の音楽のイモっぽさを痛感した。

you tubeは音楽家にとって危機だけど、垣根を壊してくれた。