nightsidecity’s diary

好きなお菓子、お笑い、ホラーについて語るブログ。

年末に見た映画~女性の下ネタとバルクールとイギリス気質~

年末に面白かった映画が何本かあった。

アンリミテッド・・バルクールという肉体を使った犯罪映画でこれがめちゃくちゃ面白かった。物語は中国マフィアから借金をかかえながら暮らすパッセンジャーの男がバルクールの集団に出会い、バルクールにのめりこむ話。ビルからビルへ逃げるアクションがすごいし、マンションの地形を生かしたアクションも見どころ。

リーガル・マインド 裏切りの法廷・・・女性監督が作成した弁護士映画。自分の子供の親権という個人の事を語りつつ、弁護が難しいシングルマザーの弁護を引き受ける話。

この映画で衝撃的だったのはある会話。元ボスの弁護士に協力を頼むシーン。「この事件が終わったら報酬をあげる」「それならいい」「じゃあこの事件終わったらblow jobしてあげる」「のった」

女性でこれだけの下ネタ書ける国はすげーと思いました。

クライム・ヒート・・・マフィアの配下のバーで働くバーテンとマフィアの お金、強奪を狙う人たちのお話。これがイギリスっぽいな、と思ったのは、犯罪が主眼ではなく街のはずれのマフィアの孤独を映画にしているからです。シブい犯罪物でした。