nightsidecity’s diary

好きなお菓子、お笑い、ホラーについて語るブログ。

年末に見た映画~女性の下ネタとバルクールとイギリス気質~

年末に面白かった映画が何本かあった。 ①アンリミテッド・・・バルクールという肉体を使った犯罪映画でこれがめちゃくちゃ面白かった。物語は中国マフィアから借金をかかえながら暮らすパッセンジャーの男がバルクールの集団に出会い、バルクールにのめりこ…

クリス・プリーストリーの子供向け怪談は大人にもおススメ☆彡

図書館でたまたまなクリス・プリーストリーの本を借りて読んだ。これがすこぶる面白かった。著者はイギリスの作家で昔からポーやラブクラフトなど様々な奇妙な話に魅せられたらしい。以下おススメ。 ①モンタギューおじさんの怖い話 ・元ドア・・・いんちき女…

女性版ノワール?とジェーン・クロフォードの眼力【突然の恐怖】

最近、見た「突然の恐怖」という映画が面白かった!!!! あらすじ・・・・・・男優レスターを、売れっ子戯曲作家マイラは、彼女の新作戯曲から役を降ろした。彼女は同じ列車に偶然乗り合わせたことで彼とすっかり意気投合し、ついにはふたりは結婚すること…

【マルタの鷹】~ハードボイルってかっこいい~

超名作にも関わらず、見ていなかった映画マルタの鷹を見る。 誘拐された妹を取り戻してほしいと一人の女から依頼を受けたサム・スペードは、女の 希望どおりに相棒のマイルズに一人の男の跡をつけさせる。だが、マイルズは射殺され 、肝心の男も死体となって…

ミドリ、のこと。

Midori (ミドリ) - Himitsu no Futari (ひみつの2人) Live 最近、ミドリというバンドの事をよく考える。ミドリとは大阪のアンダーグラウンドのバンドで、後藤まりこという強烈なカリスマ性の下、ジャズにパンク・メタル・ハードコアを混ぜった独特の音楽をし…

ホラー日和~『わたしはゾンビと歩いた』、『秘書奇譚』~

・私はゾンビと歩いたを見た。仕事を求めてある島にやってきた看護師がそこでクライアントの奇怪な家族に巻き込まれる話。家族には一人、理性を失ったゾンビと化した夫人がいる。そこにブードゥー教などゾンビものが絡んでくる。監督はジャック・ターナー。…

日本語で、ロックをやる時に必要な事

日本語でロックをする事は難しい。それには様々な障害があるからだ。まず日本語とロックのメロディー・リズムは相性が悪い。それを考えなければダサくなってしまう。またそれができたとしてもオリジナリティーがなければ意味がない。ほとんどののバンドが一…

②宇治抹茶プリン

続いて、宇治抹茶プリンを食べてみた。甘さが控えめでおいしい、あとあずきがくどくない。 かのこ」とは、餡(あん)玉のまわりに、小豆や栗をつけたものです。おぐらかのこが入っているらしいが、小豆をまぶしてあるものは、「小倉野(おぐらの)」という名…

①イカリのカスタードプリンを食べる

今回、イカリのオリジナル商品を食べる会を勝手に始めた。イカリは割と高めのスーパーで良質な商品を置いてある素晴らしいスーパーだ。 今回のカスタードプリンも例外じゃなかった。甘すぎないキャラメルに、歯ごたえの良いカスタードが美味しかった。原材料…

No. 11: Mirror Animations ~シュールなアニメーション~

No. 11: Mirror Animations 横尾忠則と、ロシア未来派の合体みたいな動画。

Len Lye~とにかくカラフルな映像アート~

1935-1937 Len Lye - "Kaleidoscope" + "A Colour Box" + "Colour Flight" (highlights mix) 1936 Len Lye - "Rainbow Dance" (highlights) Len Lye - Exact from Free Radicals

George Landow~映画のための映画~

George Landow/Owen Land - Film In Which There Appear Edge .. George Landow - Remedial Reading Comprehension [1970]

James Benning~景色が主役~

Ten Skies (James Benning) - 2004 james benning. los james benningsの映画好きなだなぁ~基本的に景観を固定カメラで撮り、町や景色が主役。なのにとても詩情あふれる作品になってる。ジャームッシュと北野武を合わせたような映像感覚。特にロスは傑作で…

Robert Breerを見た。

Bang! (1986) - Robert Breer Robert Breer // Blazes (1961) この人の作品は、ある一定のトーンを持った作品が意味でつながるのではなく、イメージの奔流として流れる感じである。なんかポケモンショックを思い出す。

willard maasを見た。

Body Landscape Willard Maas - 'Silver Flotations' (1966) 人間の体内を、地理のように描いた作品など作風よりも作品によって個性を変えているみたいですね。 下のmechanics of LOVEはSEXを比ゆ的に描いた作品で必見!! Willard Maas & Ben Moore - The Mec…

Ernie Gehrの作品を見た。

Ernie Gehr - Serene Velocity (1970) う~ん。この人の作品は正直よくわかりませんでした・・。基本的にはミニマムな構成で、編集により視覚的な効果を出す感じの作品でした。建物をパンで上に上がって撮ると思いきや、今度は建物をさかさまにとるとか・・・…

別に日本人はツッコミがなくても笑うと思う。

よく笑いに関するブログを拝見するんだけど、よく「外国の笑い=ツッコミなし、日本の笑い=ツッコミあり」という説明がある。それ本当なのか? 落語はツッコミがないけど笑いが起きてるし、そもそもツッコミの定義が曖昧だ。 僕が思うにツッコミ=ボケの説…

bruce ballieの映像作品を見る。

All My Life (Bruce Baillie, 1966) この作品はジャズのフィッツジェラルドの音楽に合わせてある木の柵から、左へパンし、やがて上へパンし、空をとらえる、という流れのものです。人生を寓話的な語っている作品だと思います。 "Quixote" by Bruce Baillie …

micheal snowの映像作品を見る。

図書館でアヴァンギャルド・アメリカンムービーという本で様々な実験的なアート作品に興味を持ち、見る事にした。まず、最初はmichel snowの作品。 Wavelength (Michael Snow, 1967) この作品はある部屋の中を撮影した作品です。その真ん中にはある写真が飾…